ラクジュホームインスペクション「住宅診断」

目利きのホームインスペクターによる安心の住宅診断

Blog

中古マンションー既存住宅個人間売買瑕疵保険調査

本日は、中古マンションを購入を仲介をする不動産会社より既存住宅個人間売買瑕疵保険の調査を行いました。

この瑕疵保険は、売主、買主とも一般の方向けの瑕疵保険を掛けることにより売買時のリスクを軽減することが出来ます。

最近、この保険を使う方が少しずつですが増えてきました。
住宅を売却する方も購入する方も知っておいた方が良い保険です。

この保険の良いところは、戸建て住宅では築20年以上、マンションでは築25年以上の建物では住宅ローン減税が通常使えないのですが、保険加入でローン減税が使えるようになります。

ちなみにローン減税はローン残高の1%を10年間控除出来る制度です。
中古個人間売買の場合は、最大で200万円のメリットがあります。

DSC06182

この保険には、既存住宅現況調査技術者(長〜い名前)建物をチェックします。
マンションの場合のポイントは、コンクリート強度試験です。
画像はリバウンドハンマーによる非破壊コンクリート強度を測定している所です。

コンクリート強度OK!!

ラクジュ本橋

COMMENT ON FACEBOOK